<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

歌い方について

今日の午前1時くらいから午前5時くらいまでカラオケしてました。
俗に言うカラオケオールというやつです。

カラオケに行って思い立ったんですが、ちょっと自分なりの歌い方のコツを書いてみたいと思いますよ。
あ、私はプロを目指しているとかそんなことは全く無いのであまり過度な期待は禁物ですよ。
しかも自己流。間違ってたらすみません。


まぁ講座というかこれさえやれば誰でも今より良い声が出せるよというものです。
ぶっちゃけプロみたいな細かいテクニックは自分も知りません。というか教えて欲しいくらいです。

その自己流テクとは

ー鵑卜呂鯑れない
喉の声帯を開ける感じで
J△卜呂鯑れて歌う

この3つです。
これで普段喋っているような声から歌を歌ってますよという声に変わるはずです。

コツは息を吸っている状態の喉の開き具合、力み具合で歌うということです。
思いっきり息を吸ってそのまま「あーーー」と言えば 銑が自然に出来るかと思います。


ちなみに音痴を直す方法は知りません。
ただ音痴はよく音楽を聞くのと何度もカラオケに行けば自然と治るものらしいです。
大概の音痴の方は普段歌わないor恥ずかしがりな場合が多いらしく、
カラオケに何度も通えば治るみたいです。

それで無理ならカラオケ教室ですかね…。

一つ、音痴でもすぐに直せるのが声を出すのに必死になりすぎて音痴になっている場合です。
ちょうど後輩にそういう人がいました。

カラオケでがんばって声を出す必要は無いと私は思います。
声を張り上げて歌うのと深く響く声で歌うのとは別物ですから。

声は小さめで良いですから冷静に鳴っている曲と自分の声を聞きながら歌えば
音程は合っていくはずです。


カラオケは楽しいですね。
うまく歌えた時はもっと楽しいです。
このテクニックはすでに習得しているまたは1000年前に通り過ぎたような方には申し訳ないですが、
歌う時にうまく声を出せないといった方には役に立つテクニックだと思います。

もしもっと良い方法があれば是非教えてください。なにせ自己流なんでw

<K> * 音楽 * 18:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

昔のゲームの音楽っていいよね

前回の続きです。

要するにFF5、6、それにクロノトリガーの音楽は良かったなーという話です。


FF5はフィールドの音楽とビッグブリッジ、あとエクスデスの曲なんかとてもイイですね。
ビッグブリッジの曲なんて聞いただけで心躍ってしまいます。
エクスデスの曲は最初のデッケデッケデケケみたいなオープニングがたまりません。


FF6はボス戦ですね。
普通のボスも三闘神の音楽も大好きです。
かっこよすぎです。


クロノトリガーはほぼ全ての曲がイイですね。
特にカエル関係の曲が大好きです。
グランドリオンを手にする場面の音楽も笛系の音が寒気がします。
魔王の音楽は最初聞いた時は衝撃でした・・・。
あんなカッコイイ曲があるのかというまさに戦慄が走りました。
どうでもいいけどペケポンで戦慄と旋律をかけた問題ありましたね。


驚きなのがFF5のフィールドの音楽は当初プレイしたのが小学生の頃で、
その頃は第一世界の曲が好きで、第三世界のあの物悲しい曲が嫌いでした。
でも今では第三世界の曲が一番好きです。今でも口ずさめます。

年を経ると感性って変わるもんなんだなぁと改めて思いました。
小学生は明るい曲を好む傾向にありますしね。
今はその逆。
何があったんだ・・・。


最近のゲームの曲であれだけ心に残る曲はあまりありませんね。
あ、しかし最近でもないですが、テイルズオブデスティニー2の戦闘の音楽はどれもすごくイイです。
前の携帯では着メロに5曲くらいダウンロードしてました。

あ、ヴァルキリープロファイルもよかったです。
なんだ、思い返すと結構いい曲がたくさんあるじゃないか。
いいものはいい!
稲中卓球部の名セリフです。

いいものはいい!わるいものはわるい!そして君は・・・いい・・・。
爆笑しました。

<K> * 音楽 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

激しさと、この胸の中で絡みついた灼熱の闇

タイトルでわかる人はいらっしゃいますでしょうか?


そう、Dir en greyの新曲です。

ずっと前に買ったにもかかわらず、最近忙しすぎてじっくり聞けなかったので、
ようやく聞けて感想でも書こうかというところです。


買う前はオフィシャルサイトで結構メロディアスな初期の「予感」のような曲をイメージしていたのですが、見事に騙されました(いい意味で)。

最初は京の見事な高音で力強いサビから始まり、そこから怒涛のデスボイスが展開されます。



かっこいい・・・・・・・


正直サビ以外は何言ってるのか全く聞き取れません(日本語にもかかわらず)。
ボギボギ言ってるようにしか聞こえません(笑)

そこがいいのですけどね。
The other side of deathのところの声はかっこよすぎです^^



カラオケでも歌いたいのですが、こういったシャウトと高音の混ざった曲は私は最後らへんで力尽きてうまく歌えません(泣)。「凱歌、沈黙が眠る頃」や「慟哭と去りぬ」なども大好きなのですが、やはりシャウトの後の高音が出ません・・・。



いつか歌えるようになりたいです。そうなればカラオケで最高に気持ち良さそうです。

<K> * 音楽 * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ