<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 他の変更点 | main | 歌い方について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

お久しぶりです

ホントにお久しぶりです。
最近は本当に勉強が忙しくて時間が取れませんでした。
見てくれていた方には本当に申し訳ないです(汗)
ツイッターはちょくちょくやってますが。
あれは楽なんですよ。
一言二言書くだけですから。


今日ニュースで東大生の今昔みたいな特集をやっていました。
昔は官僚に進むのが東大生の王道だったみたいです。
アレックスが魔王を倒しに行くのと同じくらい王道だそうです。
しかし、今はそうではないらしいですね。


今の東大生は官僚になることに対してあまり良いイメージを持っていないようです。
なぜなら基本給は平均の企業(もちろん東大卒が就職するとして)よりも低く、
天下りも民主党によって封じられてきたからです。
それなら激務に耐えるなんてことはせずに普通の一般企業の方が良いだろうという考えです。

まぁ考えとしてはごく一般的でしょう。
しんどいけど給料安いのと楽だけど給料高いのどっちが良い?って訳のわからん選択肢です。


もちろん本気で国のために仕事をしたい、安月給なんて気にしないみたいな人もいました。
すばらしいことです。

そこで官僚になる派と官僚以外の仕事に就く派で討論が行われましたが、
やはり給料のことを引き合いに出されると官僚になりたい派はいささか閉口気味でした。

国のために働きたいとか殊勝なことを言う若者がまだいるんだなと感心したのですが、
この消極的な態度はいただけません。

ここは「金じゃねぇ!国のためって損得じゃねぇだろ!」
くらいに自分の意見を通して欲しかったです。


別にどちらが正しいかなんて正解は無いと思います。
ただ金よりも使命に燃える人ならば人の考え・思想を変える、
または変えるまではいかなくとも疑問を持たせるくらいのトークをして欲しかったです。


最近の官僚ははっきりいってあくどいイメージしかありません。
ですから純粋に国のためにと言う人がいて(本心は本人にしかわかりませんが)
私はとても期待をしてしまいました。
だからこそ、期待していたからこそ今の日本を変えられるくらい
すばらしい人材であって欲しいのですね。
頑張って欲しいと思います。

<K> * その他 * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:20 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ