<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 悪役のタイプ | main | 友達は大事にしないといけません >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

盲目的

はさらに2つのタイプに分けられる、長くなるのでまた後日とか言っておきながら
その後日がとても遠い後日になってしまいました。
ごめんなさい。


その2つのタイプとは・・・
「世間一般とは逸脱した思想に対して本人が盲目的かどうか」
だと思います。


死こそが救いなんていう某忍者漫画の敵ではありませんが、
こんな奴に殺されたらたまったもんじゃありません。
オレは生きてぇよ!と言いたくなります。
これは完全に盲目的と言えます。


ではこんな例はどうでしょう?
例えば今の日本は戦争をする兵器をもっていませんよね。
憲法第9条に書かれております。まぁ実際は自衛隊ってかなりすごいらしいですけど。
これに対して
「こんなんじゃダメだァーーー!世界中が戦争をし出した時に兵器を持っていないんじゃ
話しにならん!オレがこの国を変える!」
こう言う人がいたらどうでしょう?
しかし平和であれば平和が一番、でも平和じゃなくなった時のことを考えてのことだとのこと。
ただやり方が良くない。国会議事堂を占拠してしまった。
とか。


若干妄想が入りましたが、これは盲目的ではありませんよね?
2つの理想の内自分で選んだ理想が世間一般とかけ離れているだけです。
ちゃんと考えてはいるんですよ。


どちらがやっかいでしょうか?


結局どちらも厄介です。どちらもこちらの耳を傾けてはくれません。
盲目的な方はもちろん、盲目的でない方は確固たる理念があるので
こちらも自分の考えを曲げることはしないでしょう。
その点ではどちらも盲目的だと言えますが。

後者が多いゲームとしてワイルドアームズシリーズが挙げられますね。
敵も正義のために動いている、でもちょっとやり方が過激すぎるな、という感じの。


いろんな敵のタイプがいます。
どのタイプにするか、それは物語を決める上で重要です。
でももっと重要なことはどのタイプでも良いから魅力のある敵を作ることだと思います。
まぁこれが一番難しいのですが。


拍手返事
今更ですがJESUSクリアしました。普通なら友情を分かち合うところをなかなかの落ちで、
ある意味これが現実なのかもと考えさせられました。なんていうかリアルですホント。
予め鬱系と知ってなければもっと衝撃だったかもしれません。
戦闘バランスも絶妙できつすぎずぬるすぎずで理想でした。


>プレイどうもありがとうございました。
ファンタジーにはありがちですけど、
仲間がタイミング良く助けにくるとか、敵の企みにギリギリ間に合うとか、
そんな主人公補正を一切排除した形にするとこうなりました。
戦闘バランスは結構気を遣ったのでうまくいったみたいで良かったです(^^)
次回作はもっと明るめで、今作とは全く違う雰囲気ですが、
ゲーム性をもっと高めていくつもりなんで良ければまたプレイしてやってください!


実はすっごく久しぶりの拍手返事でした(爆)
最近は拍手管理画面に行くとさびしいものがあります。
返事なし、みたいな。
ということで掲示板に書くのが恥ずかしいとかめんどくせーなんていう人も
拍手返事なら楽なんでじゃんじゃん送ってくださいねーーー。

<K> * ゲーム考察 * 10:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:01 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ